今日は初めてレッスンを受けてくれる方でした。

一度SUP経験があるということでしたが、その時は色々大変だったそうです。
僕のレッスンを褒めて下さいましたが本当はどうなんでしょう?
単に漕ぎ易いだけだったのでは?

思い出したのは、尊敬する八甲田の相馬さんに言ってもらった言葉。
「山はいつでも待ってくれてます」。
僕がやっている全てがアウトドアスポーツ。
それを行う日の状況によって、使う道具によって、自分の体調によって、
はたまた自分の経済状況によって、様々に異なる結果を生む。

ちょっとした練習も、大きなチャレンジも、いい日と悪い日が存在する。

今日はたまたまいい日だったというだけ。
でも、結果論でなく「いい日になる確信」を前以て持てたら凄い事だと思う。
少なからず僕の尊敬する人はそれを持ち得てるんだろうな、と。

八甲田に15回通って、まだ行ってない山があって。
いつも「いつかは高田大岳に行きたい」と考えているけど、

相馬さんが連れて行ってくれる日が多分いい日なんだろうと思う。

「頼みますよ〜」と頼んで行っても行く意味はないんだろうと。
まだまだ先は永いな〜

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly